開催効果

HOME>2018平昌冬季オリンピック大会 > 開催効果

国家発展の画期的な転機とし、地域発展のための持続可能な遺産を創出

  • 88ソウルオリンピックに続く「韓国オリンピックの完成」による先進国進出の象徴的契機とする
  • 国家ブランドの向上により国力と国格を全世界に広め、政事・経済・社会・文化的に一段階さらなる飛躍を図る
  • IT・グリーン産業などの先端産業の発展促進により世界市場をリード
  • 大会の準備段階から様々な雇用創出などの経済活性化に寄与
  • 成長潜在力の大きいアジアの冬季スポーツのハブとして定着
  • オリンピックムーブメント実現により、南北韓の和解協力および平和増進に寄与
  • 開催地域のブランド価値の向上および社会的間接資本(SOC)拡充によるバランスの取れた地域の発展を図る
  • 国民和合および矜持の高揚による国家発展エネルギーの結集


経済的波及効果

  • 総生産額の誘発効果 : 20兆4,973憶ウォン
  • 付加価値誘発額 : 8兆7,546憶ウォン
  • 雇用創出効果 : 約23万人


방문자 통계