旅行情報

食べ物

HOME>旅行情報 > 食べ物

大関嶺韓牛

photo of Daegwanryung beef

大関嶺韓牛は、世界で初めて品質認証を獲得し、その質と味は断然最高だ。平昌大関嶺韓牛は、天恵の自然条件の下で汚染されていないきれいな空気と澄んだ水を飲んで飼育されるので、肉質が柔らかく雑味がなく、美食家に人気が高い。その証として、味へのこだわりで有名な日本に1997年以来、毎年数百頭が輸出されるなど、平昌大関嶺韓牛ならでは優れた品質を世界に誇っている。



大関嶺干しタラ

photo of Daegwanryung frozen pollack

柔らかく味わい深い食感が、山で採れる「トドク(ツルニンジン)」と似ていることから「トドクブゴ」とも呼ばれるが、雑味のないうま味で人気が高い。その上、コレステロールがほとんどなく、タンパク質が豊富で、肝機能を強化する成分も含まれていることから、健康食品としても脚光を浴びている。

干しダラの焼き物、干しダラのヘジャンクッスープ、干しダラの蒸し煮など、干しダラ料理は大関嶺の干し場で厳しい寒さと吹雪の中で熟成させるので、深い味わいがある。



そばマッククス

photo of Buckwheat noodles

そば粉で作った太くコシのある麺によく熟成させたタレの甘味と辛味と酸味が調和するさっぱりとした味のマッククスは、今や全国的に有名な食べ物となった。夏は勿論、一年を通して美食家の食欲をそそる。マッククスの主原料であるそばは、消化に良く、血液をさらさらにして、肌の美容にも良く、特に女性の美容食として遜色のない優れた特徴がある。マッククスの主原料であるそば粉は、平昌の代表的な食品で、毎年8月末から9月初めに孝石文化祭が開かれると、そばを中心としたそば粉を用いた料理を求めて美食家が訪れるなど、知名度が高い。



そばのプッチム(チジミ)

photo of Buckwheat Buchim

平昌には固有の食べ物が多くあるが、特にそば粉を用いた食べ物が代表的だ。その中でもそばプッチムは、石臼で挽いたそばや水に溶いたそば粉にキムチの古漬けや小ネギ、山菜などを入れて焼いたり、大根の漬物やキムチを中に置いて巻き、食べやすい大きさに切って食べる。熱いうちにいただくと美味しい。平昌市場のそばプッチムの店では、30年以上そばプッチムを焼き続けている元祖のおばあさんに会うこともできる。



マスの刺身

photo of Trout sashimi

美しい景観を誇る平昌の山並みの澄んだきれいな湧き水で育ったマスは、特に柔らかくて歯ざわりが良く、一度味わったら忘れることができずに再び食べに訪れる。冷水性魚類のマスは、山間の渓谷の澄んだ水に生息するが、カルシウム、ビタミン、タンパク質など各種の栄養分が豊かで、特にDHAが多く含まれており、老化防止や知能改善、高血圧、糖尿病などの生活習慣病やがんの予防に効果があり、肌の美容、貧血防止などのための健康食としてもぴったりだ。マスの刺身以外にも焼き物、揚げ物など様々な料理が準備されている。



オサムプルコギ

photo of Osam Bulgogi

横渓谷地方で広く知られている「オサムプルコギ」は、まったく調和しないように思われるイカと豚の三枚肉を各種の薬味で和えて様々な野菜やキノコを入れてプレートで焼いて食べる。美味しい音を立てながら焼けるオサムプルコギは、油気のないイカに三枚肉が加わって濃厚な味を出す。イカの歯ざわりとソフトな三枚肉がほどよく調和し、その美味しい甘味と辛味にご飯が進む。適度な塩辛さと辛味で酒の肴としてもぴったりだ。



방문자 통계