入国と滞留

HOME>平昌紹介 > 入国と滞留

入国審査

外国人の入国審査は、出入国管理行政の特徴である外国人入国許可の可否に対する国家の固有の主権行使だ。外国人入国審査の際に国家の利益保護を最優先としており、偽造・変造旅券の所持者など、不法入国を企てた者や入国禁止者の入国を阻む。



パスポート

外国人が韓国に入国しようとする場合には、有効なパスポートと法務部長官が発給したビザを持っていなければならない。パスポートおよびビザの有効期間を確認し、滞留期間の延長などの状況が発生した場合に不利益を被ることがないようにする。
滞留期間は入国日から90日で、滞留期間満了前に外国人登録と滞留期間延長許可を得なければならない。

방문자 통계